中古バス.com

中古バス.com

基礎知識を通して中古バスの取引で気をつける部分を知ろう

中古バスの買取に関するアレコレ

模型

中古バスの買取

中古バスを購入するだけではなく、売却を検討している人たちもいます。そういった人たちが買取手順に際して抱いた疑問などをFAQなどで紹介しています。これからバスの売却を検討している人は参考にしてみてください。

READ MORE

中古バスを選ぶときに気にすること

エンジンの排気系をチェック

まず排圧をよく確認します。ここでホース部分でオイル漏れなどあればメンテナンスが必要になります。主にオイルの漏れ・吹き返し・異音・ブレなどの点に注意して運用上の不具合がないかを確かめます。

腐食の状態の確認

バスによっては利用環境などに起因して腐食が著しい場合があります。内装やエンジンに問題がなくてもこちらの状態が割りければ別途で板金費用が掛かってしまします。トランクに腐食による盛り上がりがある、パネルを開けると腐食が目立つなんてこともザラです。車両確認の際にしっかりと確認しておきましょう。

空調の動作確認

中古といえどバスは長く利用する車両なので運転時の空調の快適さも重視するべき点です。A/Cの冷却機能が正常に働いているのか?暖房の利きはどうか?エラーコードなど異常がないか?などの点に留意しましょう。

内装の機器のチェック

アナウンスなどで使用するマイク・スピーカーのAV機器に問題がないかをはじめとして、メーターの表示に不具合はないのか?シートやベルトのコンディションなども確認しておきましょう。状態によっては取替工事の必要があります。

バスが運用されていた走行環境

もし購入検討しているバスがある際は、車両状態のチェックはもちろんのことバスが利用されていた環境にも注目しましょう。塩害が顕著な地域では車両部品が弱っているばあいなどがあり、腐食の進行が早くなる可能性があります。また地域性によっては車両のメンテナンスを怠っていたり、扱いがぞんざいな場合もあります。

ドライバーが見ている中古バスのポイント

リーズナブルで納得のいく値段が

no.1

中古バスを購入する最大の理由は「お手頃価格でバスが購入できる」という点です。しかし安価であればいい、というわけではなく車両の状態、同型との価格相場の比較、維持費・整備費などの点で金額とのバランスを気にするという声が1位になりました。

中古車両のコンディション

no.2

中古車両とえど最低限度の状態の確認は必須です。車体の腐食の状態、メーター、エンジン部分の状態に甚大な問題があればその都度、修理費用などの負担が発生してしまいます。「これらが万全であれば最低限の運用には支障はないので、まずはここを見る」というドライバーの意見から2位に選ばれました。

中古バスの流通ルート

no.3

中古販売されている車両はいくつもの流通ルートがあります。仲介業者、ネットオークションなどの方法で販売買取が行われています。その販売取引の経由が多ければ多いほど初期の情報が不明確になる場合があります。仕入れルートの安全性を事前に確認してから購入を検討したい、という声もあるようです。

点検・整備記録簿があるのか

no.4

定期的な整備・点検や管理状況を詳細にまとめた「定期点検記録簿」というものがあります。これを確認すれば整備・修理した日時などの情報が確認できるので車両が安心できるものなのかを知る指標にできます。「バスの信頼・安全性」を注目する意見もありました。

ワンオーナーだったか

no.5

「中古バスの経歴も注目する」というポイントが5位になりました。その車両を運用していたドライバーが複数人であった場合、それだけ人の手にわたっているので運用や整備面での信用に懸念材料が増えてしまいます。そこで「信頼しやすく、比較的に新しいワンオーナー車を購入したい」というドライバーは意外と多いようです。

中古バスを選ぶのはこんな理由

中古車両販売は利用しなくなった所有者から車両を受け取り、必要とされている人に有効利用してもらう目的の販売方法です。その中でも費用の問題で新規の車両を購入することが難しい人たちがリーズナブルな値段でバスを利用できるという部分で特に重宝されています。

[PR]

こだわりを持って中古バス探しをする!
どれも乗り心地の良い車輛ばかり。

中古バスの購入はここに気をつけよう!

ハンドル

中古バスとは

もともと中古車のジャンルの一つです。中古車販専門店やオークション、レンタカー会社から個人間など様々な売買のルートがあります。バスや運用用のトラックなどの大型車両は中古車販売専門店などを利王する場合が一般的です。

中古車両販売の市場の歴史

日本では、1960年代には中古車取扱の中痛の仕組みが整備されていませんでした。ネットオークションなどの取引が正式に一般化したのは1980年ごろといわれています。1990年代後半にかけて市場が拡大し新規購入車両数が頭打ちになってからは中古車の需要にシフトするメーカーなども現れています。

中古バスの必要性

公共交通機関・観光サービスなど様々な用途に合わせて運用される大型車両の中古品をまとめたものですが、運用する所有者の事情や新規でバスを購入することが困難な消費者のニーズに合わせた販売スタイルです。廃車などを避けて運用可能な範囲で不要になった所有者から必要な消費者へ有効活用する点で有用な入手手段です。

中古バスの活用方法

中型のバスなら少人数での移動、旅行などの行楽での利用など個人から商業用まで様々な用途で運用することができます。また大型のバスなら公共交通機関・旅行会社での商業目的で活用することが一般的です。

中古バスの購入目的って何?

マイクロバスなどの小型バスの場合、会社や学校の運用を目的として購入することが多いです。また中型から大型のバスでは運搬作業への流用、観光会社や公共交通機関としての運用を目的としているケースが多いです。

広告募集中