中古バス.com

中古バス.com

中古バスの買取査定ではこんなところを見ている

中古バスの買取

模型

バスのエンジン系統、排気機構の状態

まず査定額に大きく左右されるのは「現時点で整備・修理なしに運用可能かどうか」です。場合によっては整備・修理費用で買取業者側に利益が生じない場合もあるので、ここの状態は査定額に大きく反映されます。

外装・内装に甚大なダメージがないか

塩害などの腐食に対する板金などの修理、内装の取替工事など車両の状態によって整備にかかる費用、車両の評価内容などが変動します。ここも査定の際に買取業者が注視している点です。

査定対象のバスの走行距離

走行距離の多いバスはそれだけエンジン、タイヤ、排気機構などに負荷をかけてトラブルを抱えているリスクが高くなります。またメンテナンスの頻度なども左右されるので、中古販売の車両情報などの相場価格にも影響します。

定期点検記録簿の有無

商業目的で運用されていた車両などにはよくありますが、定期点検記録簿などで車両の経歴を証明できる場合、車両の安全性などをアピールすることができるので査定内容にプラスされることが多いす。

中古バス買取のQA

査定で料金は発生する?

基本的に無料です。これは契約の成立の有無にかかわらず査定費用を請求することはありません。ただ買取専門店によっては交通費などを別途で請求する場合もあります。利用される際は、その都度担当者にご確認してくさい。

契約成立後の車両の引き取りは?

契約者のご指定に対応していますので、日時を指定していただければ日程調整したのち引き取りに伺います。

車検が切れてても売却可能ですか?

車検付車両と同様に買取に対応しています。しかし抹消済み、またはナンバープレートの廃棄された車両は消登録証明書などのご用意をしていただく必要があります。

ローンが残っているのですが買取してくれますか?

買取り可能です。しかし査定価格と残債金の状況で利益が発生しないと判断された場合、やむを得ず買取不可の扱いをする場合もあります。まずは担当スタッフへご相談ください。

車両を売るときに必要な書類はありますか?

はい。自動車検査書・自賠責保険証・納税証明書・譲渡書・名義変更に際する委任状、また所有者の印鑑登録証明書などが必要になります。契約手続きの前に担当スタッフに確認を取り、必要書類を調べて用意するようにしましょう。

広告募集中